トップページ | 伝説の女 »

2005年6月26日 (日)

元お嬢だんはだいま原稿執筆中  ピヨピヨ

家政婦は見たではないけど、この(S女子大出)の元お嬢だんに毎日起こる数々の変なこと御冗談の話  インコはつぶやく   (tasiro2今でも偉大な中尊寺ゆう子を偲ぶ)

これまでの行状 to お言葉 

① ショ-ツストリー    この元お嬢だんがすこぶる酒飲みであったその昔、酔っ払ってのこと、ゆるくなってその筋パンにおしっこをにじませ着替えた為 『なんかおなか周りがきつくなったワ!』っていってるじゃない~。ショーツの片足側が腹のほうにあってそう60度ちがえてはいていましたから、そういっても気付いたのが翌日でしたから・・・・っぴよぴょぴよ

② 元お嬢だんナビゲーダー危険  

ある車の助手席に鎮座しててのこと、信号にさしかったとき、急に叫んだ!!その言葉は 『 赤だよお母さん!!』  そのときの信号、運転手は     

そういえば、かって横断舗道でひかれそうになっていることたびたび、なぜなら彼女の眼が・・・・そう、が向いている車側の信号が時として彼女にとってのGOサインでしたから  ・・・・・・はひょ。ひよひよあびあび

③ 貞子もびっくり大きくて丸くゆがんだ姿見    

先に行ってしまう彼?に、怖がりの元お嬢だんは自転車で交差点にさしかかるといつも左右をキョロキョロ・心臓ドキドキで向こうに渡りきる。怖いよ~・・って    

あるとき彼は気がついた『 なぜあれを見ないんだよ ! 』・・・『だってあれって、なんて方向違いで見ずらい鏡なの ・・化粧なんて見れないじゃない』  40ん年、生きててはじめてカブミラーの使い方を知る1分前の元お嬢だんでした。

・・・・・・・そういえば いつも前かがみで、ひじを広げて自転車に乗っているお疲れ元お嬢だんに、彼はいった 『なんか力いれてハンドルにぎってな~い 握りはかるくていいんだよ』 それをしって、ん年来の肩こりがなおったそうな めでたし・眼で足しのとっても恐い話   ・・・・・・ピィピィ   

まだまだ続く ぬかるみぞ!

④ ここで 第1回クイズ  設問元お嬢だんが頻繁に使つていたことばの本当の意味の発音は何か  1.ばちたかり 2.めじくら 3.だいいっこ 4.からこめんふとし 5.おんようたち 6.すめん 7.おおまめ 8.こまめ 9.でんこ

                  答え 1.ばちあたりだね~ 2.めくじらをたてなくって 3.第一子(だいいっし)は男の子 4.辛子明太子(からしめんたいこ)   5.御用達(ごようたし) 6.素麺(そうめん) 7.大豆(だいず) 8.小豆(あずき) 9.澱粉(でんぷん)   ・・・あなたに限っては間違っていませんよね    ところで伝説の元お嬢だんは『お宅のお子さんは、けっしょく児童ですよねエ』って誉め言葉と思って話していた。『欠食』を『血食がいい』と 真逆の理解  ・・・ぴぽぴぽぴ  

⑤ ついて行ってしまう話   

まままたチャリンコの話  カーブが多い道でのこと、いつもの 彼の後追自転車走行でルンルンご機嫌に彼女 しばらくして信号待ちで彼の横に並ぶと急に叫んだ『あんたじゃない!』    コノ話の続き 彼女は彼を服の色で追うくせがあり、繁華街では彼と勘違いで他人のジャンバーの袖を引っ張るたり話し掛けたりは、しょっちゅ 一生懸命話しかけたあと・・ 『ハ・あんたじゃない!』  ・・・・ ウフョウヒョ・ピ・ピ

⑥.隅にも置けない誤 解  

元お嬢だんは再三彼がなぜ備長炭を持ってきたのか、その時理解できなかった。『こんなもの』   と ある日ふと気が付いた訳それは彼女つねづね好きといっていた食物の『びん長マグロ』を何気なく『備長炭大好き』としゃべっていたから。・・・ピヨピヨ

きょうはここで勘弁してやるピヨピヨ

                < 前のページ  次のページ >

|

トップページ | 伝説の女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元お嬢だんはだいま原稿執筆中  ピヨピヨ:

トップページ | 伝説の女 »