« 水の精 | トップページ | 相田みつをさんのすごさ »

2006年3月16日 (木)

桜のつぼみは今 2

PICT0003_edited-1 今日は木曜日で 

 そうです

 記事は 

/・

  3/12

PICT0029PICT0010 

 ⇒

クリック

ついでに小松菜も

PICT0022_edited-1

PICT0012 

  ⇒

高知城・三の丸では全国初のソメイヨイシノの開花報告
                  
満開の時の花はクリック

平年より早いところが多いとか  開花予想

  東京・福岡            3/20~25 
  大阪・名古屋・広島・高松   3/25~31
  仙台・新潟            4/10~15
  青森               4/20~25

PICT0022_edited-1PICT0008_edited-1PICT0006_edited-1

|

« 水の精 | トップページ | 相田みつをさんのすごさ »

コメント

今年は何とか、
青森へ行きたい!!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年3月17日 (金) 03時21分

猫姫様へ

姫の場やイ

津軽三味(線)をですか
・・・恐山ですか
  お供は出来ません残念
(連絡)  津軽の桜は上に書いてます。
   4月23日から5月5日まで
   弘前桜祭り中です

投稿: R=インコ | 2006年3月17日 (金) 08時44分

ありがとう☆
読みながら・・・(記憶がとんでた?!こんなんかいたんだーって思ってみてた。。。メマイでかな。。。)(^^;
昨日付けで辞めたよん☆そこの派遣からはもう行かない!来週から・・・別の派遣でもう別の仕事さ☆(去年から口説かれてた仕事です・・・)
木って好き☆なんか・・・落ち着くし(^^)杉以外だよ!杉は嫌いさ!

投稿: ちろ | 2006年3月17日 (金) 11時59分

色は、良くも悪くも心に影響を与えられるものだと思います。
だから、インコさんが仰るとおり、ステンドグラスのような表現は面白いと思います。
そして、デザイン文字は、文字にインパクトやイメージを与えられるため、特に幼児教育や精神薄弱者施設等の方面に可能性を感じられるのですが… 頭のよいユダヤ人は、幼児教育で、アルファベットのお菓子で遊び、食べるといった文字と親しむ伝統的教育法があるようです。文字と遊ぶ。そこと、リンクできないかと考えてみました。
黒い背景の文字プレートに星文字のプレートを組み合わせるなどの教材とか… きっと、色を選ぶ時に、文字のイメージを考えることになるので、かなり子供のイマジネーションを育てられるように思います。
そして、一番の決め手は、そういった施設でよい結果が得られた場合… これは、発明になりはしないだろうか… 教材なら、特許申請できるはず。
世界のこどもたちによって、色の選び方の傾向が異なったりするでしょうから、民族性の違いの研究資料ともなり、世界中で採用されるようになったりして…

投稿: 盛岡のしろねこ | 2006年3月17日 (金) 12時29分

ちろちゃんは絵も上手だし
感情豊かだし
動物好きだし

きっと素敵なお話やメルヘンを作れるよ!
少しづつでいいから書き溜めてごらん
素敵なえほんができちゃうよ!

投稿: R=インコ | 2006年3月17日 (金) 21時18分

しろねこさんへ

たくさんのアドバイスありがとう
しろねこさんのような方に
 作品を認めていただいたうれしさは
  至上このうえもありません。
ひとつのオリジナリティを
  幸せが求め得るもののために
    暖めておいたもので
すべてはあるチャンスのために・・
  まだ必要とされ理解される方が
    いま少し現れるまでの時のなか
     笹舟の状態でいるのです。
これが私のアイデンテティー
    起業の原点でもあるんです
  本当にありがとう・

投稿: R=インコ | 2006年3月17日 (金) 21時38分

アドバイスなんて、あつかましかったですね。ご専門の分野に素人が口出ししてしまい、すみませんでした m(__)m
しろねこの小さな頭で考えた精一杯の想像の世界ではあります。いやー、それにしても、まだ見えてこないですね。奥が深そうです。
きっと、素晴しいアイディアを持っておられるのでしょう。どんなアイディアなのかな…
とっても気になるし、楽しみにしていますよ (=^・^=)ノ

投稿: 盛岡のしろねこ | 2006年3月17日 (金) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜のつぼみは今 2:

« 水の精 | トップページ | 相田みつをさんのすごさ »