« 春2番?桜のつぼみは今 | トップページ | 火の鳥 »

2006年3月13日 (月)

光と色彩

PICT0014_edited-1PICT0018_edited-1

初めての人はとりあえず
      クリック
       ↓
デザイン漢字
    縦横比12:9

が増してくると 着る物、見るもの 鮮やかになって新緑も、も・・・・・

心が弾んでくるは 何故

気温の変化はさることながら、春の光が体(脳)に伝わりホルモンバランスを変えてきているのは生命すべて同じでしょう。桜の開花までのスピードを見ても 日ごろの感情の変化を知っても

色素は、各々の反射される光のエネルギーが引算されてくなる性質があるが、特に絵を描かれる方が誤解されるのは光 

PICT0054_edited-1

絵具の3原色(赤・青・

光の3原色(赤・青・)の違い

 は、混ざると各々の光エネルギーが足算されるくなる

  ・・から、ということは 赤の配合も
    テレビ等の光では 、あかるいになり。
    絵の具・インキでは、茶色ぽい暗い色になります。

でも微妙な色合いを感じるを、色彩感覚の違いと一概に言ってしまっても、「どこからおでどこから胸?該当者失礼!)みたいに個人差が大きくあり、その色が明らかにそうではない!」だけで一般には10色ぐらいで色認識はされていくゆくのだ、色を職業としている人以外は一色の守備範囲は広い。

国民性においてもそうである、特に日本人は緑もあおに入るようだし、そして染(帯止めの色等)に対して細かな名前も持っている

日本の配色にもぼんでみようか

http://www.asahi-net.or.jp/~xn6t-ogr/colors/tradcolors.html

衣襲(かさね)色 http://www.color-guide.com/kasane.htm

 

PICT0040_edited-1PICT0039_edited-1PICT0042_edited-1 PICT0001_edited-1

|

« 春2番?桜のつぼみは今 | トップページ | 火の鳥 »

コメント

日本の色って、前までは地味なイメージだったんですけど、組み合わせてこれだけ奥深い色は無い!
と思うようになりました。
初めて錦絵の勉強した時は「日本人カラフルじゃん!」と驚きました。

衣襲(かさね)色、スゴイですね。
日本人、表現探してるなー!と、いまさらながら感動です。
実践するのは難しいですけどw

投稿: MASA | 2006年3月13日 (月) 23時05分

MASA さんへ

色を見る目は専門だもんね
日本の配色いいよね

投稿: R=インコ | 2006年3月14日 (火) 09時46分

実は、わけあって、しろねこは配色について研究中なんです。
確かに、印刷物での色の特性と、パソコンのディスプレイの色の特性は大きく異なりますね。
しろねこは、天然素材による日本の伝統的な染料の色(いわゆる本物)が好きです。とても心が落ち着くからです。
そして、衣襲に見られる日本の伝統的配色は素晴らしいと思います。
神仏習合ではないけど、日本人は文化の融合が得意ゆえ、そういったものが作れると面白いかもしれませんね。デザイン漢字に素晴らしい可能性を感じております (=^・^=)ノ

投稿: 盛岡のしろねこ | 2006年3月14日 (火) 22時59分

しろねこさんへ

いつも暖かいコメントありがとう
そう可能性を追ってる真っ最中なんです
点字とか。ステンドグラスとか、行灯とか

投稿: R=インコ | 2006年3月15日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光と色彩:

« 春2番?桜のつぼみは今 | トップページ | 火の鳥 »