« 横綱の土俵入り | トップページ | キッズGOOってすご~ »

2007年1月23日 (火)

グラスその美しき輝きe-glass

Pict60611g1_edited1_2Pict60611l1_edited1_4Pict60611a1_edited1_2Pict60611s_edited1_2Pict60611s_edited1_2


蛍光灯をグラス再生に!!

再生といっても安全・環境保全でそう簡単にいかないもの

それでも緊急なさねばならないこと!!

蛍光灯1本に含まれる水銀約10mg

年間廃棄される蛍光灯4億本、水銀量約4トン

その85%が埋め立て処理の恐ろしさ

いずれ有機水銀として湾に流れでるのかもと

そして・・・

その美しさに引かれ・・・

その環境に貢献のスタイルに惚れ

蛍光管を完全水銀無害化処理した再生ガラス

Pic_t60712e_edited4 Pict60524yokobou_edited2_1Pic_t60712g_edited5 Pic_t60712l_edited4 Pic_t60711a_edited4_1 Pic_t60712s_edited4 Pic_t60712s_edited4_1


日本初エコマーク認定グラス(2006年)

 それだけじゃない!!  松徳硝子さん
                        
製品クリック

売上の一部を土壌汚染防止、リサイクル事業の促進等にと。
簡易包装等や再生紙使用などの環境にやさしい活動にも取り組んでいる。

そして工芸品としても飛びぬけているはずです!!

この会社は電球つくりからの職人の技法を生かしうすはりグラスとしては2003年には、ニューヨークのギフトフェアでアクセントオンデザイン ベストプロダクト賞を受賞し世界でもその美しさは実証済み

e-glass Dew デザイナー:毛利夏絵さん(アトリエ Dew)

この『e-glass』大賞・東京都知事賞をも受賞(2005年)

東京都、現代の生活にマッチした優れた工芸品を選ぶコンテスト《東京都第1回伝統的工芸品チャレンジ大賞》で、

『江戸の生活文化におけるモノのリサイクルという資源の再活用と現代の視点・環境問題とがうまく組み合わせれたコンセプトで作られた工芸品。江戸時代からの吹きガラスの製法による民芸的な製品として、レトロ調の形態も伝統工芸品らしい感覚である。』との選考のポイントで「e-glassDewライン」が、大賞・都知事賞をも受賞している。

制作は江戸硝子伝統工芸士・すみだマイスターによる手作りで1つひとつ丹精込めて行われています。

その美しき輝きを  より多くの人の心にも届け~

真のおしゃれをあなたも

|

« 横綱の土俵入り | トップページ | キッズGOOってすご~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラスその美しき輝きe-glass:

« 横綱の土俵入り | トップページ | キッズGOOってすご~ »