« 横暴なmixi利用規約改訂 | トップページ | ロボットツール CUILL »

2008年4月10日 (木)

なぜ今?Yahooは

  米Yahoo、グーグルの検索広告を試験導入へ

GoogleYahooの2横綱【サーチ】の検索システム攻防と
昨年の9月7日の記事であげたが・・・

I LOVE Yahooマイクロソフト社のTOBに対する戦略なのか、自社での広告配信システムがあるのもかかわらず今後『Googleのコンテンツ広告(アドセンス)を検索結果に出すテストをする』ようです。またタイム・ワーナーのAOLとの統合画策といい

Pict60611g1_edited1O O_2 G L E

   

   

 

なんで他社のものを表示させなきゃならないの?現実化すれば大変なことなんです。

Pict60611y_edited1AHO_3O_4

         

       

     

コンテンツ広告はキーワード広告より露出は多いがクリック率もコンバージョン率も低
いので、格安広告としなければならない.。商業宣伝側の費用対効果に大きく影響するところ

Googleアドワーズのネットワーク下のコンテンツ広告「Googleアドセンス」という名称での掲載される場所は、一般人のブログや、「教えてgoo」のコンテンツ内と膨大な数になり最近、爆発的なその露出先を増やしているのが現状で、キーワード検索連動とはまったく違ったコンテンツ広告はかなりクセを持ってます。

が・・益々のコンテンツ広告技術レベルアップによって、キーワード広告よりもお客が効率的に集まるケースも増えていて、今のコンテンツ広告情勢の流れは明らかにGoogleアドワーズが主導権を握っていて、マッチング精度がぐんと向上したため、キーワード検索連動広告よりも、Googleのコンテンツ広告の方が、広告主も集客が見込めるケースがかなり多くなっているようです。

これに+α?の追い風という流れが加速すると膨大なYahooのアクセスページに、
コンテンツ広告が大量に、露出することになり、キーワード広告を扱う、オーバーチュア(yahoo search marketing)は、大きな遅れをとっていましたこととなります。巻き返しはあるのか?

YahooよGoogleよ!
ユーザーにうるさがれない広告が実現していくのか?

益々潤沢になるマイクロソフトに太刀打ちできるのか

それにしても我ブログのプロバイダーnifty検索はGoogleを借り物にしてるため、ココログ記事がおバカさんニフティの検索ランクとして特にランク優遇されてるわけではない。

我2つの非商業のブログへの1月~4月9日の3社の検索サイト数   

             Google   2,550(18.2%)
       Yahoo     10,332(73.2%)
      Nifty      107( 0.8%)

ちなみにYのAHOOにはOGOLE!!!と遊んでみた

|

« 横暴なmixi利用規約改訂 | トップページ | ロボットツール CUILL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ今?Yahooは:

« 横暴なmixi利用規約改訂 | トップページ | ロボットツール CUILL »