« クラランはパン粉屋さん | トップページ | 絵本作家いなおかときこの世界 »

2011年11月12日 (土)

ピースちゃん初冬体験

暖冬といえもうじきセキセイインコをはじめ亜熱帯でのインコ類にとっては厳しい日本の冬の寒気襲来を乗り越えなければなりません。

愛鳥家にとって冬支度はなにかと大変かと存じます。

家出ポーちゃん出し指に留まり戻る】記事のポーちゃん写真に

共に載ったピースちゃん!!!からのお便り

ピースちゃんのママから

ピースが我が家に来てから間もなく半年
やんちゃ盛りというか 元気いっぱいのピース

100_56471

毎日 紙風船やビー玉で必死に遊んでおります!

また食事ですが 偏食がちだった夏に比べ秋になった途端
 ペレット(皮つきがお好みのようです)が大好物となり
餌入れを 1日に何度も取り替えるほどの食欲旺盛ぶり
食欲も安定してきて安堵している今日この頃です。

1

1_2

また小松菜も急に食べてくれるようになり
2日に1度ほどですがくちばしを緑色にしながら モリモリ食べております(*^。^*)

家族の事もしっかり認識してきたのか
就寝時 子供たちが子供部屋に入ると寂しくなるらしく 
ピーピー鳴きながら子供部屋まで追いかけてゆく程。
ほんとに可愛いです☆

間もなく初めての冬
我が家は2階がリビングなので比較的夜も温かいのですが
就寝時は、籠をダンボールに入れたり毛布をかけたりしております。

もう少し寒くなったら インコ用のヒーターを購入しようかと考えておりますが
お薦めのヒーター等ありますでしょうか?

おしゃべりインコから

ほとんどの鳥籠は強度・観賞用見栄えとしても効率的な
製作コストを考えた四方通気の鉄線で出来ており、風通しよすぎ
高熱伝導がため冬での保温にはなはだしく不向きに出来てます。

夜の保温については籠を布で覆い
マルカン 保温電球 20W カバー付 HD-20C
1500円(配送無料アマゾン販売)だけで十分です。

少し値が張りますが
出来ればサーモスタット(22度~24度に設定され)を同時購入され
アサヒ電子サーモスタット         3500円
マルカン保温電球 40W カバー付 HD-40C ¥ 1,635円
      OR 100W カバー付 HD-100C ¥ 3,075円
ですともっと安心です。

羽のある鳥にとってこの遠赤外線保温が芯から温まり健康に効果的です。
白熱灯のスポットライトも体調不良での膨らみ等で緊急保温に適してます。

サーモスタットは感知センサーが保温電球より高い位置にしてください。

ですから寒さがきつくない限り長点灯時間の小W数をお勧めなんですが

電球切れ等のため使い捨てカイロを用意しておいてください。

来週から寒さましそうです。

|

« クラランはパン粉屋さん | トップページ | 絵本作家いなおかときこの世界 »

コメント

こんばんは。
家は この前の寒い日から サーモスタットと保温器をセットしました。その日の気温によって設定温度をかえ、スイッチが入る入らないを調節しています。(熊谷は温度差があるので)
籠には透明のビニールクロスを切ったのをかけています。
これだけでも 保温にはなりますね。
家のてんとぷぅは下にはほとんど降りないからおもちゃで遊ぶ事はあまりないんです。人の所にはきて、そばにいますが・・・小さい頃にもっとおもちゃをみせて遊ばせればよかったかなぁ?

投稿: そらのかあさん | 2011年11月13日 (日) 00時10分

chickchickそらのかあさん様

もともと遊び好きですから自然に自分で遊び具場所を探します。
回転車輪・洗濯バサミ・かじり木・乾燥ミント茎・束牧草などなど興味引くものを!
下歩きしないに越したことありませんが足蹴に注意されればかまいません。
ただ床面は疥癬・水虫菌他に十分注意が必要で掃除好きなおたくなら大丈夫でしょう。

サーモを絶対視して信頼してはいけません!
熱帯魚では切れたり、煮てしまったりの後悔で懺悔ばかりです。後悔先にたたず保温器が作動してるかの確認習慣をお勧めします。

投稿: おしゃべりインコ | 2011年11月14日 (月) 22時20分

いつもアドバイス有難うございます♪
初めての冬、まだまだ不安は尽きませんが
元気に乗り切れるよう親子で頑張ります♪

投稿: ピース母 | 2011年11月15日 (火) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116163/53223834

この記事へのトラックバック一覧です: ピースちゃん初冬体験:

« クラランはパン粉屋さん | トップページ | 絵本作家いなおかときこの世界 »