« 星屑のデザイン行灯 №2 | トップページ | 愛の定義 »

2009年10月21日 (水)

星屑のデザイン行灯 №3

あんどん【行燈・行灯】

ちょうちんと並び日本人の間接照明ごのみの原点であろうか

月の明かりを愛でるような・・

前の記事星屑のデザイン行灯 №2【キューブ】に作りは同じで

牛乳パックの幅で1面2列にアルファベット・数字の字を大きくし 

文字間を狭め縦長に配置してみた。

文字間をもう少し狭めて、文字・数字も大きく表示してもいいみたい。

    こんな外装の建造物が都会にあってもいいかな!

星屑のデザイン行灯 №3【アルファベット文数字並べ】

    左から               右から

Pict0001_edited1Pict0005_edited1

裏は板とし

行の間を五重塔みたいに四角のつばをつけてもいいかも

全形薄い陶器でも美しくでしょう・・防炎上いいみたいだ!

その他⇒  行灯『月箱』

          に戻る

|

« 星屑のデザイン行灯 №2 | トップページ | 愛の定義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116163/46547404

この記事へのトラックバック一覧です: 星屑のデザイン行灯 №3:

« 星屑のデザイン行灯 №2 | トップページ | 愛の定義 »